1. トップページ
  2. 技術紹介
  3. 鋼桁橋の張出部支保工

鋼桁橋の張出部支保工

鋼桁橋の張出部支保工

従来技術の問題点をクリアした、独自の張出部支保工工法での施工を行っています。

従来技術

  • 張出部支保工用として、桁のUPフランジ部に吊り金具を溶接し、吊り金具にボルトを通し、そのボルトを用いて支保工用の受梁を固定する。
  • LOWフランジより支柱を設置し、支保工用の受梁を固定する。

問題点

  • 受梁に穴を開ける加工が必要。
  • コンクリート打設後の、解体時にボルトを抜き、穴埋めを行う作業が発生する。
  • 穴埋め時に使用したモルタルetc.が、時間が経ち剥離し、落下する可能性がある。
  • 吊り金具は、コンクリート内に埋まるため、再利用が効かない。
  • 受梁に使用する支柱は、桁高に影響され多種な種類が必要となる。
  • 支柱と受梁の固定が難しい。

当社技術

  • 上記の問題点を考慮し、対策した独自の張出部支保工工法での施工を行っています。またこの技術は、張出部長が長い鋼桁橋にも応用しています。(張出部長3m程度まで可能)
少主桁 少主桁 鋼桁桁 鋼桁桁
少主桁 鋼桁桁

ページのトップヘ